So-net無料ブログ作成
検索選択

「詩が動きはじめた!」5.17対談・御礼 [報告]

6月新刊『折々のうた 春夏秋冬』春・夏巻、販促活動のまっただ中です。

さて、5月の2回にわたる対談座談は、無事に行われました。
ご来場いただいた皆さまありがとうございました!
それぞれ、岩波書店・文庫編集長の入谷芳孝氏をゲストにお迎えしました。

昨日のナルニア国イベントは、「詩が動きはじめた!」と題する、入谷さんと弊社田中の対談。
詩集を手がける編集者ならではの、作業にまつわるエピソード、
二人とも話題が尽きずに、時間が足りないくらいの勢いです。

-----
ご存じ、昨今の岩波文庫では、『自選 谷川俊太郎詩集』にはじまり
現代詩人の詞華集が次々誕生し、大きな反響をもって読者に迎えられています。
まさに「詩が動きはじめた」!! 

入谷さんには、新規の企画立案から編者とのやりとり、装丁が決定するまで…
製作過程をライブ感たっぷりに披露いただきました。(なかなか貴重な機会でした)

ちなみに、谷川詩集に始まる岩波文庫のカバーデザインは統一されていますが、
各カラーは詩人のイメージに合うよう、丁寧に選ばれているそうです。
ちなみに6月新刊は、童話屋刊『桃の花が咲いていた』でおなじみの『山之口貘詩集』。
貘さんは何色かな? 発売が楽しみです。

岩波文庫最新刊、そしてきたる弊社新刊の著者、大岡信さんについても
お話が多々展開しました。

-----
岩波文庫は来年、創刊90周年。これを記念した新刊やフェアも予定されているそうで、
童話屋詩文庫の読者の皆さまにも興味深い一年になりそうですヨ。
今後の動向、どうぞお見逃しなく。


20160517対談.jpg

トークイベント5月17日(火)@銀座・教文館ナルニア国 [告知]

5月1日(日曜)@埼玉・浦和につづき、5月17日(火曜)にもトークイベントあり!
浦和イベントが、あいにくご都合がつかない方にも朗報です!! 

2月より開催中の「岩波書店・童話屋ジョイントフェア」関連イベントとして、
岩波文庫編集長の入谷芳孝さんに、二度お出でいただくことになりました。

入谷芳孝さん&田中和雄ダブルトーク
「詩が動きはじめた!」
  2016年5月17日(火)18時~19時30分
  会場:ナルニアホール
  定員:40名
  参加費:1,000円
  申込方法:ナルニア国店頭もしくは電話にて
      申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後8時)※1コール1名様のみ

場所は銀座のナルニア国。そして定員は40名つまり、アットホームなトークイベント☆
詩集を編集する現場からの、いろんなエピソード、こぼれ話も期待できそうです。
たのしみたのしみ。
夕刻ですので会社帰り、お出かけ帰りにぜひいらしてください。

A5ボード_web.jpg

詩の特別講座・5月1日(日)@埼玉・浦和にて開催 [告知]

去る2月に好評いただいた「童話屋サロン特別講座」、第2回を実施します!
詩人・谷川俊太郎さんと、山田馨さん(元・岩波書店編集者)のほか、
今回は岩波文庫・現編集長の入谷芳孝氏をお迎えすることになりました。

座談のテーマは、「岩波文庫が やさしく 微笑んだ」、
そのココロは…?! 会場でぜひご確認ください。

会場ではゲストに直接会っていただける機会として、サイン会も実施します。
会場はアクセス良い浦和駅前(パルコの中)です。埼玉近郊にお住まいの方、チャンスです! 

【日時】 2016年5月1日(日)午後1時30分~4時(開場30分前)
【会場】 浦和コミュニティセンター第13会議室(浦和パルコ10階)
       JR浦和駅・東口徒歩1分 

【予約・お問合せ】佐々木伸衣 080-1378-6998(11時~19時)
 ※電話番号はかけ間違いのないよう、また受付時間にご留意の上お願いします※


2016浦和パルコWeb.png

谷川俊太郎さんを迎えて:対談「ぼくはこうやって詩を書いてきた」2016 [報告]

さる2月28日(日曜)、
谷川俊太郎さんと元・編集者の山田馨さんをお招きし、
童話屋の田中が司会をさせていただいた対談:
詩人・谷川さんの「ぼくはこうやって詩を書いてきた」~2016年バージョンが開催されました。

杉並リボン館@東京・阿佐ヶ谷へ集ってくださったみなさま、
ご参加どうもありがとうございました。

お話は谷川さんと山田さんお二人の、
長い信頼関係から生まれるのであろう温かい雰囲気で進み、
谷川さんの最新詩集「あたしとあなた」(ナナロク社刊)についての興味深いコメントあり、
ご自身による詩の朗読、はたまた谷川さんが人生七不思議に応える!質疑応答コーナーあり。

皆さまの胸に、印象深いことばたちが届きましたでしょうか。

開催の段取りについて、いろいろご不便をおかけしたことをこの場でお詫びしつつ、
あらためて御礼申し上げます。

童話屋は今後も、詩にまつわるさまざまなイベントを、企画する予定です。
どうぞチェックしてくださいね!
また皆さまとお会いできる機会を楽しみに。

20160228対談01Web.jpg
20160228対談谷川山田web.jpg


詩集フェア「詩が動きはじめた!」展開中 [告知]

硬派・軟派の組合せ?! 童話屋詩文庫と、岩波文庫のジョイントフェアを
全国各地の大型書店店頭で開始しています。

いま、岩波文庫ラインナップに、現代の詩人が登場中。
2013年1月の「自選 谷川俊太郎詩集」に始まり、茨木のり子、辻征夫、石垣りん…と、
現在4人。
実はこのあとも続々刊行予定だそうです。
多くの古典をそろえる岩波文庫のこの動向は、まさに☆事件☆
詩人の言葉を次代に伝えるムーブメントが始動しています。

というわけで、
両社の4人の詩集を1冊ずつ、合計8点をまとめてアピールするというこの企画、
書店様店頭で見かけたらぜひご覧ください。
編集の異なる詩集をシーンごとに読み分けて、詩の世界に浸る早春なんていかがですか?

A5ボード_web.jpg



詩の特別講座・2月28日(日)@東京・阿佐ヶ谷 [告知]

谷川俊太郎さんと、山田馨さん(元・岩波書店編集者)、
お二人が詩についてるる語る対談が、このたび阿佐ヶ谷にやってきます!
司会は童話屋の、田中和雄です。

詩人・谷川さんの「ぼくはこうやって詩を書いてきた」~2016年バージョン、
どんなトピックが飛び出すでしょう! ぜひご来場ください。
会場では関連書籍の販売と、サイン会を実施します。

【日時】 2016年2月28日(日)午後2時~4時(開場30分前)

【会場】 杉並リボン館((株)細田工務店)
       JR中央線・阿佐ケ谷駅 南口徒歩1分 

【定員】 120名(先着順)
【入場料】1500円(全席自由/要申込・当日精算)

【主催】童話屋サロン講座実行委員会

【申込方法】
童話屋へお電話ください。03-5305-3391(11時~17時)
受付番号をお伝えします。
~好評につき定員に達しましたため、申込を締め切りました。ありがとうございました(16.2.2 16:20)~

20160228salon.jpg

謹賀新年・詩の季節まっただ中です [季節のおすすめ]

2016年、年が明けて、はや七草の日になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

日本列島、大半が例年に比べて暖かいお正月でした。
申年>サル>難が去る、というようです。よい年になりますように!

さて昨年、NHK「クローズアップ現代」にて吉野弘さんの詩作が紹介されて、はや一年。
おかげさまで、多くのみなさまに
「祝婚歌」を収録した詞華集『二人が睦まじくいるためには』を知っていただきました。
吉野さんのご命日とともに、昨年の大フィーバーが思い出されます。

いつ詩句を目にしても、胸を打たれる「祝婚歌」。
 「完璧をめざさないほうがいい」
 「正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい」…

肩の力を抜いて、しかし着実に、今年も良書をおすすめするべく元気に営業します!

二人がオビつき72.jpg

渋谷で、くどうさんやあべ弘士さんが歌った週末 [報告]

18日金曜に渋谷に来てくださったみなさま、楽しいコンサートの時間をご一緒できましたね。

グッズコーナーの童話屋出品「のはらみんなのしおり」も、完売に近い勢いで大好評!
どうもありがとうございました。

今回の「星空コンサート」では、くどうさんの「のはらうた」詩の朗読あり、
新沢としひこさんとあべ弘士さんのデュエットあり、
また舞台上では、昨年も披露されたのですが、あべ弘士さんが横で即興で絵を描くという…。

今回はそれに、写真家・切り絵作家の今森光彦さんも同じく即興で切り絵を披露される、
にぎやか&豪華な内容でした。

「のはらうた」「ゴリラ」「里山」がテーマなコンサート、また次の機会が楽しみです♪

-------
あべさんのライブ・ペインティングは、
ほかのメンバーがいろんな色の線やら図形やらを残したカンバスを続けて完成させるという、
絵の三題噺みたいなものですが、
〇やら△やら1本線から、こんな構図が生まれる!!
 (星空のもとにキリンが登場、下にゾウさんが眠ってます。
 ヨコでフクロウ科のトラフズクがそれを見守っています)

IMG_0289.JPG

今森さんの切り絵もマジックでした。
舞台上で一曲歌われる間に、色紙とはさみであっという間に生まれてくる昆虫たち。

IMG_0288.JPG

12月18日星空コンサート@渋谷 [告知]

工藤直子さん&新沢としひこ氏のコンサート@東京・渋谷、いよいよ今週金曜になりました。

工藤直子&新沢としひこ 星空コンサート
日時 2015年12月18日(金)
開場 18:00  開演 18:30
会場 渋谷区文化総合センター大和田6F 伝承ホール
主催 アスク・ミュージック

-------
今回はお二人の共作CDや、おなじみ「のはらうた」の歌などをうたう、
大人向けの夜のコンサートです。
くどうさんご本人の、詩の朗読がたっぷり聞かれるも楽しみですね。
ゲストに、あべ弘士さん、今森光彦さん、斎藤ネコさんという、またまたスペシャルイベント。

ちなみに童話屋からは、会場にて今回もあの、かわいいものたちが出動し販売されます!!
コンサートの記念にいかがですか。新バージョンのいきものもいます。
全員そろうと、ほんとかわいい……(うっとり)

というわけで、準備ばんたん~~~♪ では渋谷でお会いしましょう☆

shiori2015_72dpi.jpg

茨木のり子特別展@西尾市が開催されます [告知]

本年も、残すところわずかとなってまいりました。

来年は、詩人・茨木のり子の没後10年にあたります。
もうそんなに経つのか…という感慨しきりです。
今年は舞台作品も話題になるなど、今もなお本当に、多くの読者に愛されている茨木さん。
さて、朗報です!今週末より愛知県・西尾市で、特別展が開催されます。

「詩人茨木のり子とふるさと西尾」
会 期  平成27年12月12日(土)~28年2月21日(日) 
 (月曜日・12月28日(月)~1月4日(月)・12日(火)は休館)
会 場  西尾市岩瀬文庫
入場無料

愛知県西尾市といえば、茨木さんが幼少期に過ごされた地。
数々の詩にもうたわれ、生涯の詩作に影響を与えた大事な場所です。

今回は、群馬県立土屋文明記念文学館、東京都世田谷文学館に次いで、
茨木さんにスポットがあたる三番目の特別展となります。

年明け2月までの展示ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
2月11日(祝)には、茨木さんの評伝『清冽』(中公文庫)の著者、後藤正治さんの講演会も予定されています。

茨木西尾展.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。