So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

暑中お見舞い&7月23日御礼 [報告]

立秋前後で盛夏な暑さとは。暑中お見舞い申し上げます。

おかげさまで『折々のうた』春夏巻が重版となり、好評発売中です。
今の時期だと夏巻が心に沁みますね…

そして暑さの中にはやくも秋の気配?
秋冬巻は、9月末発売を予定しております。乞うご期待!

秋冬2冊WEB.jpg

-------
また、さる7月23日(土)に杉並リボン館へおいでくださった皆さま、
ブログでの御礼が遅くなりましたがありがとうございました!!
「楽しかった☆」というお声を多数頂戴し、進行に至らぬもあったかとたいへん恐縮ながら、
とても嬉しい童話屋です。

対談「ふたりで話そう」~「のはらうた」&「折々のうた」、ということで、
詩人のくどうなおこさんにお越しいただき、童話屋の田中とお話しいただきました。

その昔のくどうさん!!のお写真や、書店を開いていた時代の童話屋の写真など、
なつかしの写真をスライドで披露したところ、会場全員で大盛り上がり。
また、くどうさんはじめ、田中選による「マイ・折々のうたベスト5」など、
話題は盛りだくさんでしたね。

サイン会は、くどうさんと、絵本「こぶたはなこさん」シリーズでタッグを組み絵を描かれた
いけずみひろこさんとのダブル開催となり、
お二人分のサインを同時にいただける貴重な機会となりました。

またまた、参加者のrocorinneさんが、ルポを書いてくださっています。
ご厚意に甘えて、紹介させていただきます。大感謝!!
rocorinne bookworm

#記事中で言及いただいている、「のはらうた三〇年記念パンフレット」は、
 2014年にアスク・ミュージックさんが発行された冊子です。
 弊社分の在庫は現時点で若干ございますので、
 「なにそれ気になる」という方、童話屋までお気軽にお問い合わせください。

-----
いろいろ、ほんとにスペシャルでした…。
今後も知恵をしぼり何か楽しいことを企画したい童話屋を、
どうぞよろしくお願いいたします♪

0723Web01.jpg
0723Web02.jpg0723Web03.jpg0723Web04.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【対談】くどうなおこさんが阿佐ヶ谷に登場!@7月23日(土) [告知]

先週よりご案内を開始しました、童話屋の詩の講座。
7月23日土曜、くどうなおこさんが、杉並・阿佐ヶ谷の会場にいらっしゃいます。もうすぐですね!!

くどうさんと童話屋の田中が、
のびのび・の~んびり♪、「のはらうた」と「折々のうた」について語り合う予定です。

すでに、夏イベントの準備に向けて盛り上がる雰囲気(暑さ?)。
のはらうたグッズも各種用意していきますよ~。
元気いっぱいの夏を、みんなで笑って乗り切ろう☆ 阿佐ヶ谷でお待ちしています。

■■■ 対談・ふたりで話そう~「のはらうた」と「折々のうた」■■■

 くどうなおこ(詩人)× 田中和雄(童話屋編集者)

【日時】 2016年7月23日(土)午後2時~4時(開場1時間前)
      第1部「のはらうた」が生まれた
      第2部「折々のうた」大好き
        ※お話のあと、くどうさんサイン会を実施

【会場】 杉並リボン館((株)細田工務店)
     JR中央線・阿佐ケ谷駅 南口徒歩1分
【定員】 120名(先着順)
【入場料】1500円(全席自由/要申込・当日精算)
【主催】童話屋
【協賛】今野書店

【予約・お問合せ】童話屋 03-5305-3391(平日11時~17時)
 ※電話番号はかけ間違いのないよう、また受付時間にご留意の上お願いします※


2016折々リボン館.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新刊『折々のうた春夏秋冬』春編・夏編、好評発売中 [新刊]

新刊『折々のうた春夏秋冬』春編・夏編の発売日から一週間が経ちました。
各地の書店店頭に在庫が行き渡ったころでもあります。

本日、7月1日付朝日新聞・朝刊の、文化・文芸面にて、
「折々のうた」新たな装いで出版~、というご紹介をいただいています。
ご注文を多々頂く中、ご家族への贈り物に利用される方も多い様子。

収録作品の詳細についてもお問合せを受けます。
 「『折々のうた』は短歌、俳句、現代詩から漢詩、歌謡まで、
  ジャンルの枠を取り払った、日本の詩歌の広場。」(佐佐木幸綱氏)
とコメントされているとおり、童話屋版の『折々のうた春夏秋冬』にも、
万葉集から現代詩まで、あらゆる詩句が並びました。

お求めが未だの方、どうぞ店頭などで手に取ってご覧ください!

-----
去る6月12日には、銀座の教文館ナルニア国にて、
谷川俊太郎さん・工藤直子さんをお招きし、刊行記念トークイベントが行われました。
ブログでのご報告が遅くなりましたが、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

当日は、夏巻に収録した詩歌の中から、
会場の皆さまにその場でお気に入りの詩句を3つ選んでいただくという
大胆な企画あり。
同時に、谷川さん、工藤さんのお二人がセレクトするマイベスト5句も披露され、
にぎやかな意見交換の場となりました。

参加者の方が臨場感あふれるルポを書いてくださいました。
rocorinne bookworm
rocorinneさん、ありがとうございます。

7月に入りましたが、イベント企画まだ続きます!今月もやります!
お知らせ
皆さまとまたお会いできることを楽しみにしています。

n211n212.png

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

81歳編集者が語る子どものときの戦争体験@7月・久喜市 [告知]

待望の新刊『折々のうた春夏秋冬』春・夏巻の出来まで、あともう少し。
日曜に銀座イベントでお会いする方、お楽しみに!
それにしても、梅雨入りして寒暖の差が激しいこの頃ですね…。
ちょうどこの時節、梅の日なる記念日もあるそうで、梅仕事の段取りが気になる筆者です。

-----
さてHPのほうでもアップしましたが、弊社編集者の田中和雄が、このたび呼ばれて行きまして
「子どものときの戦争体験」を語ります。

場所は埼玉県久喜市になりますが、近隣の方、ご都合つきましたらどうぞ。
直接の体験者から聞くエピソードのインパクトには、絶大なものがあります。
先の戦争からどれほど時が経とうとも、あらためて恒久の平和を祈らずにいられません。

■■■シリーズ子どもの戦争■■■

一部 子どもの戦争 part2 (語り:ユニット・カタリカタリ)
二部 81歳編集者が語る子どものときの戦争体験(語り:田中和雄)

【日時】 2016年7月2日(土)午後1時30分より(開場30分前)
【会場】 ふれあいセンター久喜 3F視聴覚ホール
     (埼玉県久喜市青毛753番地1
      JR久喜駅東口よりバス14分/ふれあいセンター前下車)
【入場料】1000円(小中高生は無料)
【主催】 ユニット・カタリカタリ

【予約・お問合せ】佐々木伸衣 080-1378-6998(17時~21時)
 ※夜間ですので電話番号はかけ間違いのないよう、
  また受付時間にご留意の上お願いします※



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「詩が動きはじめた!」5.17対談・御礼 [報告]

6月新刊『折々のうた 春夏秋冬』春・夏巻、販促活動のまっただ中です。

さて、5月の2回にわたる対談座談は、無事に行われました。
ご来場いただいた皆さまありがとうございました!
それぞれ、岩波書店・文庫編集長の入谷芳孝氏をゲストにお迎えしました。

昨日のナルニア国イベントは、「詩が動きはじめた!」と題する、入谷さんと弊社田中の対談。
詩集を手がける編集者ならではの、作業にまつわるエピソード、
二人とも話題が尽きずに、時間が足りないくらいの勢いです。

-----
ご存じ、昨今の岩波文庫では、『自選 谷川俊太郎詩集』にはじまり
現代詩人の詞華集が次々誕生し、大きな反響をもって読者に迎えられています。
まさに「詩が動きはじめた」!! 

入谷さんには、新規の企画立案から編者とのやりとり、装丁が決定するまで…
製作過程をライブ感たっぷりに披露いただきました。(なかなか貴重な機会でした)

ちなみに、谷川詩集に始まる岩波文庫のカバーデザインは統一されていますが、
各カラーは詩人のイメージに合うよう、丁寧に選ばれているそうです。
ちなみに6月新刊は、童話屋刊『桃の花が咲いていた』でおなじみの『山之口貘詩集』。
貘さんは何色かな? 発売が楽しみです。

岩波文庫最新刊、そしてきたる弊社新刊の著者、大岡信さんについても
お話が多々展開しました。

-----
岩波文庫は来年、創刊90周年。これを記念した新刊やフェアも予定されているそうで、
童話屋詩文庫の読者の皆さまにも興味深い一年になりそうですヨ。
今後の動向、どうぞお見逃しなく。


20160517対談.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

トークイベント5月17日(火)@銀座・教文館ナルニア国 [告知]

5月1日(日曜)@埼玉・浦和につづき、5月17日(火曜)にもトークイベントあり!
浦和イベントが、あいにくご都合がつかない方にも朗報です!! 

2月より開催中の「岩波書店・童話屋ジョイントフェア」関連イベントとして、
岩波文庫編集長の入谷芳孝さんに、二度お出でいただくことになりました。

入谷芳孝さん&田中和雄ダブルトーク
「詩が動きはじめた!」
  2016年5月17日(火)18時~19時30分
  会場:ナルニアホール
  定員:40名
  参加費:1,000円
  申込方法:ナルニア国店頭もしくは電話にて
      申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後8時)※1コール1名様のみ

場所は銀座のナルニア国。そして定員は40名つまり、アットホームなトークイベント☆
詩集を編集する現場からの、いろんなエピソード、こぼれ話も期待できそうです。
たのしみたのしみ。
夕刻ですので会社帰り、お出かけ帰りにぜひいらしてください。

A5ボード_web.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

詩の特別講座・5月1日(日)@埼玉・浦和にて開催 [告知]

去る2月に好評いただいた「童話屋サロン特別講座」、第2回を実施します!
詩人・谷川俊太郎さんと、山田馨さん(元・岩波書店編集者)のほか、
今回は岩波文庫・現編集長の入谷芳孝氏をお迎えすることになりました。

座談のテーマは、「岩波文庫が やさしく 微笑んだ」、
そのココロは…?! 会場でぜひご確認ください。

会場ではゲストに直接会っていただける機会として、サイン会も実施します。
会場はアクセス良い浦和駅前(パルコの中)です。埼玉近郊にお住まいの方、チャンスです! 

【日時】 2016年5月1日(日)午後1時30分~4時(開場30分前)
【会場】 浦和コミュニティセンター第13会議室(浦和パルコ10階)
       JR浦和駅・東口徒歩1分 

【予約・お問合せ】佐々木伸衣 080-1378-6998(11時~19時)
 ※電話番号はかけ間違いのないよう、また受付時間にご留意の上お願いします※


2016浦和パルコWeb.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

谷川俊太郎さんを迎えて:対談「ぼくはこうやって詩を書いてきた」2016 [報告]

さる2月28日(日曜)、
谷川俊太郎さんと元・編集者の山田馨さんをお招きし、
童話屋の田中が司会をさせていただいた対談:
詩人・谷川さんの「ぼくはこうやって詩を書いてきた」~2016年バージョンが開催されました。

杉並リボン館@東京・阿佐ヶ谷へ集ってくださったみなさま、
ご参加どうもありがとうございました。

お話は谷川さんと山田さんお二人の、
長い信頼関係から生まれるのであろう温かい雰囲気で進み、
谷川さんの最新詩集「あたしとあなた」(ナナロク社刊)についての興味深いコメントあり、
ご自身による詩の朗読、はたまた谷川さんが人生七不思議に応える!質疑応答コーナーあり。

皆さまの胸に、印象深いことばたちが届きましたでしょうか。

開催の段取りについて、いろいろご不便をおかけしたことをこの場でお詫びしつつ、
あらためて御礼申し上げます。

童話屋は今後も、詩にまつわるさまざまなイベントを、企画する予定です。
どうぞチェックしてくださいね!
また皆さまとお会いできる機会を楽しみに。

20160228対談01Web.jpg
20160228対談谷川山田web.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

詩集フェア「詩が動きはじめた!」展開中 [告知]

硬派・軟派の組合せ?! 童話屋詩文庫と、岩波文庫のジョイントフェアを
全国各地の大型書店店頭で開始しています。

いま、岩波文庫ラインナップに、現代の詩人が登場中。
2013年1月の「自選 谷川俊太郎詩集」に始まり、茨木のり子、辻征夫、石垣りん…と、
現在4人。
実はこのあとも続々刊行予定だそうです。
多くの古典をそろえる岩波文庫のこの動向は、まさに☆事件☆
詩人の言葉を次代に伝えるムーブメントが始動しています。

というわけで、
両社の4人の詩集を1冊ずつ、合計8点をまとめてアピールするというこの企画、
書店様店頭で見かけたらぜひご覧ください。
編集の異なる詩集をシーンごとに読み分けて、詩の世界に浸る早春なんていかがですか?

A5ボード_web.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

詩の特別講座・2月28日(日)@東京・阿佐ヶ谷 [告知]

谷川俊太郎さんと、山田馨さん(元・岩波書店編集者)、
お二人が詩についてるる語る対談が、このたび阿佐ヶ谷にやってきます!
司会は童話屋の、田中和雄です。

詩人・谷川さんの「ぼくはこうやって詩を書いてきた」~2016年バージョン、
どんなトピックが飛び出すでしょう! ぜひご来場ください。
会場では関連書籍の販売と、サイン会を実施します。

【日時】 2016年2月28日(日)午後2時~4時(開場30分前)

【会場】 杉並リボン館((株)細田工務店)
       JR中央線・阿佐ケ谷駅 南口徒歩1分 

【定員】 120名(先着順)
【入場料】1500円(全席自由/要申込・当日精算)

【主催】童話屋サロン講座実行委員会

【申込方法】
童話屋へお電話ください。03-5305-3391(11時~17時)
受付番号をお伝えします。
~好評につき定員に達しましたため、申込を締め切りました。ありがとうございました(16.2.2 16:20)~

20160228salon.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -